ジャパン・シニアリビング投資法人

文字サイズ標準大きく

投資法人について

投資法人の仕組み

仕組図

  • ① 資産運用委託契約
  • ② 資産保管業務委託契約/投資口事務代行委託契約/一般事務委託契約
  • ③ スポンサー・サポート契約

運営上の役割

役割 名称 関係業務の概要
投資法人 ジャパン・シニアリビング
投資法人
規約に基づき、投資主より払い込まれた資金等を、主として不動産等資産に対する投資として運用を行います。
資産運用会社 ジャパン・シニアリビング・
パートナーズ株式会社
本投資法人との間で2015年5月12日付の資産運用委託契約を締結しています。
投信法上の資産運用会社として、同契約に基づき、本投資法人の規約に定める資産運用の対象及び方針に従い、資産の運用に係る業務を行います(投信法第198条第1項)。
本資産運用会社に委託された業務の内容は、(イ)本投資法人の資産の運用に係る業務、(ロ)本投資法人の資金調達に係る業務、(ハ)本投資法人への報告業務及び(ニ)その他本投資法人が随時委託する上記(イ)から(ハ)までに関連し又は付随する業務(本投資法人の役員会に出席して報告を行うことを含みます。)です。
資産保管会社/
投資主名簿等管理人/
一般事務受託者
三菱UFJ信託銀行株式会社 本投資法人との間で2015年5月12日付の資産保管業務委託契約を締結しています。
投信法上の資産保管会社(投信法第208条第1項)として、資産保管業務委託契約に基づき、本投資法人の保有する資産の保管に係る業務等を行います。
また、本投資法人の設立企画人たる本資産運用会社が2015年3月12日付にて投資口事務代行委託契約を締結し、本投資法人は、2015年5月12日付で当該契約上の地位を承継しています。
投信法上の一般事務受託者(投信法第117条第2号、第3号及び第6号)として、投資主名簿の作成及び備置きその他の投資主名簿に関する事務(ただし、投資法人債原簿に関する事務は本投資法人が別途委託するものに限ります。)並びに投資証券の発行に関する事務等を行います。
更に、本投資法人との間で2015年5月12日付の一般事務委託契約を締結しています。
投信法上の一般事務受託者(投信法第117条第4号、第5号及び第6号)として、機関の運営に関する事務、計算に関する事務、会計帳簿の作成に関する事務及び納税に関する事務等を行います。
スポンサー会社/
本資産運用会社の
親会社
ケネディクス株式会社 本投資法人及び本資産運用会社は、2015年6月10日付でケネディクス株式会社との間でスポンサー・サポート契約を締結しています。
スポンサー会社/
本資産運用会社の株主
又は株主の親会社
株式会社新生銀行
株式会社長谷工コーポレーション
三菱UFJ信託銀行株式会社
株式会社LIXILグループ
損保ジャパン日本興亜
ホールディングス株式会社
本投資法人及び本資産運用会社は、2015年6月10日付で株式会社新生銀行、株式会社長谷工コーポレーション、三菱UFJ信託銀行株式会社、株式会社LIXILグループ及び損保ジャパン日本興亜ホールディングス株式会社との間でそれぞれスポンサー・サポート契約を締結しています。
(注)
本投資法人の特定関係法人(特定有価証券の内容等の開示に関する内閣府令(1993年大蔵省令第22号。その後の改正を含みます。)第12条第3項に規定する特定関係法人をいいます。)は、ケネディクス株式会社です。ケネディクス株式会社は、本資産運用会社の親会社(財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則(1963年大蔵省令第59号。その後の改正を含みます。)第8条第3項に規定する親会社をいいます。)です。