ジャパン・シニアリビング投資法人

文字サイズ標準大きく

特徴と戦略

財務戦略

基本方針

本投資法人は、中長期的な収益の維持・向上を目的とし、安定的かつ健全な財務基盤を構築することを基本方針とします。

デット・ファイナンス 資金の借入れ及び投資法人債の発行に際しては、資金調達の機動性と財務の安定性のバランスに配慮した資金調達を行います。
エクイティファイナンス 新投資口の発行は、運用資産の規模と価値の成長を目的として、既存投資主の権利の希薄化及びそれに伴う投資口の取引価格の低下等に配慮しつつ、新たに取得する不動産関連資産の取得時期等を総合的に勘案して機動的に行います。
LTVの水準 LTVの水準は65%を上限とし、資金余力の確保に留意した機動的、かつ、きめ細やかなレバレッジコントロールを行います。

内部留保の有効活用

本投資法人は、減価償却費相当額の内部留保について、以下の施策等により有効活用します。

  1. 1新規取得物件の取得資金の一部への充当を通じたポートフォリオの収益力の向上
  2. 2修繕や資本的支出への活用を通じた保有施設の競争力強化
  3. 3借入金の返済資金の一部への充当を通じた金利コストの削減
  4. 4利益超過分配による安定的な分配金額の確保